性行為の後でもできる避妊、それがアフターピルとなります。アフターピルは、様々な状況で妊娠を回避できない場合に用いるお薬となっています。緊急避妊薬とも呼ばれるアフターピルで望まない妊娠を防ぎましょう。

  • ホーム
  • 性生活で知っておきたいアフターピルは外用薬ではない

性生活で知っておきたいアフターピルは外用薬ではない

元気を出す女性

男女間の交際において、性交渉を行うことは今や当たり前となっており、当然ながら避妊対策はとても大切な問題です。
子供を持つことを望んでいないのであれば、しっかりと避妊をしないと、女性の心と身体に大きな傷を負わせてしまうことにもなりかねません。
避妊方法にはいろいろなものがありますが、より安全に、手軽に、高い成功確率を誇るものを選択し、安心して性生活を送れるようにしたいものです。
最適なものとしては、低用量ピルがお勧めで、毎日決まった時間に服用すれば、飲み忘れがない限り、ほぼ百パーセントに近い高確率で妊娠を回避させられます。
避妊具として最もポピュラーだといわれているコンドームと比較しても、低用量ピルは成功率が高いといわれており、女性が自分の意思でできる避妊対策ということを含めて考えると、女性に取ってはベストな避妊法といえるのではないでしょうか。
さてピルには、このように毎日服用して、妊娠しない身体に整えておくものと、避妊に失敗した時などの緊急時に、単発的に服用するアフターピルがあり、女性はぜひ知っておくべき知識です。
無防備なセックスをしてしまった時、コンドームが外れてしまった時、破れてしまっていた時、そして悲しいことではありますが、レイプ被害にあってしまった時などの救世主となってくれる医薬品で、殺精子剤のような外用薬ではなく低用量ピルと同じく経口服用する内服薬です。
膣内で射精をしてしまった七十二時間以内に服用すれば、妊娠を防ぐことが可能となる薬で、ホルモン量が多く含まれているため、強い副作用には耐えなければなりませんが、射精後に妊娠を防げる最後の手段です。
ただしできるだけ早く服用しなければ意味がないので、万が一に備えて普段から用意しておくことが必要です。

関連記事