性行為の後でもできる避妊、それがアフターピルとなります。アフターピルは、様々な状況で妊娠を回避できない場合に用いるお薬となっています。緊急避妊薬とも呼ばれるアフターピルで望まない妊娠を防ぎましょう。

  • ホーム
  • 産科などで処方されるアフターピルのノルレボって?

産科などで処方されるアフターピルのノルレボって?

アフターピルと一口にいってもその種類はいくつかあり、その中でも副作用が少なく服用しやすいアフターピルにノルレボがあります。
基本的に婦人科や産科などで検査を受けてアフターピルを服用しても問題がないと判断された場合に処方してもらうことができ、場合によっては中高生でも処方してくれます。
本来アフターピルは72時間以内に服用するのが一般的ですが、ノルレボは120時間以内に服用すれば高い確率で妊娠を回避できるとされています。
副作用が強く、2回服用しなければならないプラノバールに比べて副作用が少なく一度飲めば飲み忘れることがないノルレボは黄体ホルモンであるプロゲステロンのみが含まれているので血栓症になるリスクが低いとされ喫煙者にもこのノルレボが処方されるようです。
プラノバールは、中用量ピルなので個人差がありますが吐き気や嘔吐などの副作用が強く出るので、吐いてしまった場合にはまた服用する必要が出てきますが、ノルレボを服用後実際に追うとしてしまう人はほとんどいないとされています。
ただ、プラノバールに比べて費用が高額だとされていますので、事前に処方を受ける産科や婦人科に費用を確認しておくのが良いでしょう。
医療機関の場合、初診料や検査料、処方代などを含めると12000~15000円くらいかかるとされています。
また、診察する際に妊娠している可能性が高い人はそのための検査代や超音波検査の費用が抱えることもあるのでさらに高くなることも考えられますので注意しましょう。
加えて、アフターピルを服用したからといって100%避妊できるとは限りませんので、セックスをする際は相手任せにせず女性から積極的に避妊を行うことも必要なことといえます。

関連記事